自分のために沢山悩もう

比較対照する業者の数

では、実際にリフォームをする際に一体いくつの業者から見積もりをとればいいのでしょうか?

まずは、あなたのリフォームの範囲を見ていきましょう。
もし、そこまで広くなければ2~3社、広いようでしたら3~4社が最適だと思います。
2社だと少ない感じがしますが、自分がそれで納得できるのであれば、その2社のうちから決めていいと思いますし、なんだかイマイチと感じるのであれば、もう一社見積もりを頼んでみましょう。

範囲が広くなればなるほど、業者としても顧客をゲットしたい気持ちが強くなります。
なので、範囲が広い場合は3~4社の見積もりをお勧めしています。
しかし、先ほども言ったように、見積もりの前には現地調査というものがあります。
これが大体短くとも1時間とすると、結構なストレスになるかもしれません。

比較するポイント

比較の際はどのような点に関して比較すれば良いのでしょうか?
まずは貴方が重視したいポイントを決めましょう。
デザイン性が高いもの、コスパがいいもの、エコ素材にこだわっているものなどです。
また、見積もりを出してもらおうとしている会社が、何が得意なのかを知りましょう。
小さいリフォーム、改築のような大きなリフォーム、家族のためのリフォームなどがあります。
それを踏まえたうえで、会社が得意なものと自分が重視したいものが一致する業者を選びましょう。
他のポイントとしては、信頼できるかどうかがカギになってくるので、アフターサービスの話を聞きましょう。
より充実したアフターサービスが準備されている会社の方が安心できるでしょう。