リフォームに最適なタイミング

リフォームを決めたらやるべきこと

リフォームを決めてからやるべきことは沢山あります。
まずは、今住んでいる家のどこをどのようにリフォームするのかを考え決定すること。
次に、多くのリフォーム依頼会社の情報を収集すること。
気になった会社に見積もりをお願いすること。
そして、どこの会社にリフォームをお願いするのか決め、契約を交わすこと。
などがあります。

このいくつかのステップの中で、ことさら重要になってくるのがリフォーム依頼会社の情報収集です。
ここであなたがどれくらい頑張れるかによって、リフォームの値段や工事内容、工事日数に雲泥の差が出てきてしまいます。
この後の記事で、どこをどのように注意すべきで、一番違いが出るのはどこか、などを紹介していきます。

見積もりまでの流れ

リフォーム会社のサービスは有料部分と無料部分に分かれており、ほとんどのリフォーム会社が見積もりまでは無料となります。
見積もりの前段階として、相談と、現地調査があります。
相談と一口に言っても、電話で長く話を聞いてもらえるところや、詳しい資料請求ができるところ、直接話が聞けるところなどがあります。
その次に現地調査ですが、実際の家をみて、立地条件や状態を確認します。
そのように実際の家を確認したところで資料を見せてもらえることが多いです。
要望がある場合この時に伝えましょう。
そして、見積もりをしてもらう、という流れになるわけですが、見積もりまでの前段階2つのうちに自分の中で納得いかない部分がある場合は見積もりをする必要はないでしょう。